« デマなのかデマでないのか | トップページ | 東の魔女さんの魔法 »

pHってなんでしょ

アンさんから疑問を投げかけられてから、まとめようと思っていたけど放置していた酸と塩基について整頓。。。これがアロマとかハーブとか何の関係が?って感じなんだけどね。。。

まず、pHってなんでしょ。。。
pHっていうのは、「水素イオン指数」のことで、液体にどのぐらいのH+イオンが含まれているのかを表す値です。水の分子はH2O。水素が2個と酸素が1個で出来ているのですが、イオンになるとH+(水素イオン)とOH-(水酸イオン)になります。そのイオンになっているH+の量を使うのでp"H"。。。(H+も便宜的で正しくはオキソニウムイオンだったりするみたいですが置いときます。。。pOHってのもあります。)

純水の中にもイオンは居て、25℃の時1リットルに[OH-]x[H+]=10^-14(mol/L)含まれています(モルについても今回は割愛)。言い換えると、1リットルに水素イオン、水酸化イオンが、それぞれ0.0000001モル(10^-7)含まれているってことです。でも、いっぱい0が付いていて、扱いが面倒なので(かどうか知らないけど。。。) pH=-log10^[H+]って定義されています。

上の条件の純水のH+は、pH=-log^-7(-log-7乗)。pH=7になります。で、水素イオン(H+)が多い場合と酸性、水酸イオン(OH-)が多い場合が塩基性(アルカリ性)になります。水の水酸化イオンと水素イオンの積が25℃で1リットルの時に[OH-]x[H+]=10^-14(10の-14乗)になることから、log[H+]+log[OH-]=14っていう関係が出てきます。で、便宜的に0~14の数値の間でpHがどのぐらいかを見て、水溶液が酸性なのか塩基性なのかを判断します。

25℃の時の純水はpH=7で中性ってなことになるけど、温度やいろんな条件で変化するし、水溶液中に溶けている物質によってはpH14以上ってこともあるので、あんまり深く考えないでpH測定器使うのが現実的なんだろうな~。酸性や塩基性の定義がどうやって決められたのかはまた後日まとめます。

とりあえず、酸性とか塩基性とかっていうのは、水素イオンや水酸化イオンの量によるってことで(それだけのためにこんだけ長々と・・・。)続きはまた後日。

« デマなのかデマでないのか | トップページ | 東の魔女さんの魔法 »

化学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: pHってなんでしょ:

« デマなのかデマでないのか | トップページ | 東の魔女さんの魔法 »