« 海外のホメオパシー問題 | トップページ | ハイチのマザーテレサ »

新種の細菌感染

もやしもん」の最新刊を最近購入して、やっぱA. オリゼーかわいいっ。と麹のお漬物でも食べようかな~なんて呑気に思っていたら。。。

薬剤耐性示す細菌の遺伝子、南アジアから世界に拡散の恐れという記事が目につきました。さらに、ベルギーでは死者も出たとか。もうちょっと詳しいサイトはあるかな~とNDM-1(New Delhi metallo-beta-lactamase 1)で探してみたら、The lanset.comの情報を訳したサイトもありました。。。

特定の菌というよりNDM-1の遺伝子を持つといろんな抗生物質への耐性が出来てしまうみたいなので、「もやしもん」に登場するとしたら、この遺伝子持ったとたんに凶悪な顔になるのかな。。。抗生物質に対峙する時だけ凶悪な姿を見せるのかな。。。いずれにしても、インド方面で医療機関を受診されるようなことがあったらご注意を。

「もやしもん」は農大を舞台に、菌が肉眼で見える沢木惣右衛門直保と個性的な先輩や教授や菌達が活躍?するお話。農業だけでなく、常在菌や危険な菌のこともお勉強できちゃいます。最近では絵本も出てます。。。

 てをあらおう

« 海外のホメオパシー問題 | トップページ | ハイチのマザーテレサ »

ウィルスと細菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新種の細菌感染:

« 海外のホメオパシー問題 | トップページ | ハイチのマザーテレサ »