« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

ばかぼんぼん♪

ビールのCMでクレモンティーヌがとっても優雅に「ば~か ぼんぼん♪」と歌っているのを聞いて、ぇぇぇぇぇ!!!ってなったのですが、

ちゃんとアルバムが出てました。早速ぽちっちゃった。クレモンティーヌは「東京の休日」からずっと好きだな♪。全曲フランス語に翻訳してるのかな?届くのが楽しみ~。。。
アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~

どっちが正しい?

ウォールストリートジャーナルで尖閣諸島の問題は中国と日本、どっちが正しいかアンケートしてます。

Which side is right?

ネットのアンケートって人口が多い方が有利そう・・・。って思ったら、日本側が正しいが優勢でした。ニュースでフィリピンの漁船が中国に拿捕されて、船も魚も没収されて、船員は殴られながら数週間拘留されるってニュースを見たんだけど、中国の漁船は韓国でも拿捕されているらしい・・・。アジアの海で漁船を拿捕し合うのは流行して欲しくないな。

New York Times記者のいろいろ間違っているブログ(海上保安庁と自衛隊を間違えていたり、尖閣諸島と南沙諸島を間違えていたり)があったんだけど、ちゃんと日本政府は抗議したらしい。でも、それに対してまたブログに・・・"So which country has a better claim to the islands?  My feeling is that it’s China, although the answer isn't clearcut."って。もう一回抗議したほうがいいかも。

養護教諭の友人の話

クラス会で久々に友人たちと再会しました。学園祭の母校での開催だったものの、小学校や地域の運動会と重なってしまったために、参加人数は少なめ。同窓会館でお食事を頂いた後は、恩師が顧問を務めるクラブの部室を完全に占拠してました。

養護教諭を務める友人と話している時に、代替療法の話になり、沖縄で保健室にホメオパシーのレメディ製造機を持ち込んで、生徒に与えてたという話をしたところ、「信じられない。。。そんなことしたらクビになるよ。家では火傷にラベンダーとかやるけど、学校ではありえない。」と言っていました。

難病をほぼ克服した彼女は代替療法にも理解があって、バッチフラワーレメディを薦められたこともあるのだけど、現代医学を否定するようなことはありません。バッチフラワーはよくわかんないのですが、彼女に薦められてから試験の時にレスキューレメディのグミを持っていっています。カシス味。。。
【トローチタイプ】バッチフラワー レスキューレメディーパステル ※カシス風味(口コミで大人気!バッチ博士のアルコールフリートローチ)【YDKG-s】

日本の周りが・・・

きな臭い感じです。尖閣諸島で海上保安庁の船に中国の漁船が体当たりした件。お船をお返ししたら、船首右側に経緯不明の穴 とのこと。

中国漁船衝突 米、尖閣は日米安保の対象 組織的な事件と警戒の記事を見ると、インドネシアと揉めた時もきっかけは漁船だったのね。フィリピン:南沙諸島の施設改修調査とかいろんな動きも。。。

フィリピン、インドネシアだけじゃなくて、ベトナム、インドとも中国ってもめてなかったっけか。。。あと、チベットとか、東トルキスタンとか・・・。尖閣速報。なぜ報道しない?動かない?ってブログでは報道されていないことも書かれています。

学術会議副会長インタビュー

ホメオパシーについての談話発表までの経緯がアピタルに載っていました。「ホメオパシー根拠がない」は世界の共通認識 学術会議副会長インタビュー。2~3年前から海外の研究者から話を聞いていて、対処については助産院のビタミンKレメディ問題が起こる前から検討されていたとのこと。

ある保健師さんのブログに「“ホメオパシー”は危ない」という記事もありました。アトピーの乳児が医療ネグレクトで死亡したとのことで、毒を出させるためとトリカブトを薄めたものを赤ちゃんに与えるってのは、ちょっと衝撃的。他にもホメオパシーHP相談、医師法抵触か レメディーを助言ホメオパシーによる児童虐待の件、などなど問題のHP相談にも怖い内容が・・・。HP相談が公開されなくなったらさらに怖いかも。。。

偽薬に高い治療効果、自然治癒力引き出す 豪大研究って研究もあることだし、ホメオパシーのレメディ的な効果を得ようと思ったら、医師との信頼関係を築く方が早そうとか思ってしまいました。。。でも、医療不信になっている人たちがホメオパシーにすがっているってトコが難しいのかも。。。

政府がイタコ「口寄せ」自殺者遺族への癒やし効果 国助成で研究スタートなんてコトしているみたいだけど、イタコの口寄せに国の助成金付けるよりも、普通に医療資格のあるちゃんと話を聞く人が必要なんじゃないかと思う今日この頃。。。

H5N1

昨年、インフルエンザが流行した時には抗インフルエンザスプレーなんぞを作成したりして職場や家に配置しておいたのですが、そのまま花粉症対策や日常の風邪対策にもなっているっぽいので、そのまま常設している今日この頃。

そんなインフルエンザも過去の話になっていたのに、またまた来ました、凶悪なウィルス君情報。致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異 すごく嫌すぎる記事だわ。H5N1って前から怖いって言われている型で、トリが大変な死に方しているとか・・・。ヒトとヒトで感染するぐらい遺伝子変異が起きれば、少しは病原性が低くなってくれるといいのだけど。。。

WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数を見ると、まだ対岸の火事って感じなんだけど・・・。昨年、ベルギー研修に行った時には「ワクチン屋さんが不安を煽ってたりして~。。。」なんて話も出てましたが、病原性が高いインフルエンザが流行するのは、やっぱりやだな。。。新型インフルエンザ・ウォッチング日記をたまにチェックしよっと。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »