« FDAとホメオパシー | トップページ | 学術会議副会長インタビュー »

H5N1

昨年、インフルエンザが流行した時には抗インフルエンザスプレーなんぞを作成したりして職場や家に配置しておいたのですが、そのまま花粉症対策や日常の風邪対策にもなっているっぽいので、そのまま常設している今日この頃。

そんなインフルエンザも過去の話になっていたのに、またまた来ました、凶悪なウィルス君情報。致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異 すごく嫌すぎる記事だわ。H5N1って前から怖いって言われている型で、トリが大変な死に方しているとか・・・。ヒトとヒトで感染するぐらい遺伝子変異が起きれば、少しは病原性が低くなってくれるといいのだけど。。。

WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数を見ると、まだ対岸の火事って感じなんだけど・・・。昨年、ベルギー研修に行った時には「ワクチン屋さんが不安を煽ってたりして~。。。」なんて話も出てましたが、病原性が高いインフルエンザが流行するのは、やっぱりやだな。。。新型インフルエンザ・ウォッチング日記をたまにチェックしよっと。

« FDAとホメオパシー | トップページ | 学術会議副会長インタビュー »

ウィルスと細菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H5N1:

« FDAとホメオパシー | トップページ | 学術会議副会長インタビュー »