« Yahoo!で3.11と検索 | トップページ | ネパール地震と人身売買 »

ローズマリーカンファーの神経毒性について

注意。。。ちょっと毒づいてます。。。

テレビで鳥取大学が認知症予防に
ローズマリーとレモン、
オレンジとラベンダーのブレンドを使って効果が出ている
という放送があって以来、いろんな議論があるようなので整頓。

某団体ではラベンダーは高血圧症に、
ローズマリーはてんかんを患っている人には禁忌なので、
こんなレシピをテレビで発表するなんてとんでもない!
っていう人がいるようです。。。

私はその団体のことは詳しくないのですが、
この件で、知り合いのショップのブログのコメント欄が荒れてました。

んで、私が所属するNARDでは、
成分分析して問題になりそうな成分が入っている精油と
入っていない精油を分けて使っているので、
高血圧症にラベンダーが使えないって初耳!
ラベンダー・アングスティフォリアなら問題ないでしょ。
ローズマリーはシネオールなら問題なく使えるでしょ。

ってことでプラナロムのローズマリー・シネオールが欠品になりました。

が、鳥取大学の臨床で使用したのは、
ローズマリー・カンファーなんだそうです。

え?カンファーってケトンだけど大丈夫なの???

っていう疑問には、
ケトン(カンファー)に神経毒性があるっていう論文なんて無い!
昨今の小保方論文でプロトコルが発表されていても、
現象を再現できないなら意味がないし、
ましてや、論文が存在せずに個々の団体で言ってる禁忌に意味なし!

臨床で使用した範囲では問題が無かったのでOKだと思う。(かなり意訳)

という講演を先日聞きまして。。。
カンファーに神経毒性があるって欧米ではどうなってるのか調べてみました。

まず、英語のwikiのCamphor

レオポルト・アウエンブルッガーというオーストリアの医師 が
18世紀に躁病の治療にカンファーを用いた。
という記述を発見。

欧米では古くから神経系の治療に用いたりしているもののようです。。。

で、毒性はどうかな~ってトコなのですが、
肝毒性 (hepatotoxicity)ってのはメジャーみたいですぐに検索にひっかかりました。

さらに、

アイオワ大学の化学物質安全性データシート

警告!
可燃性の固体。
目、皮膚、気道に炎症を起こす。
中枢神経に影響を及ぼす可能性あり。

Warning!
Flammable solid.
Causes eye, skin, and respiratory tract irritation.
May cause central nervous system effects.

って書いてあるのも発見。

欧米ではカンファーが中枢神経に影響があるっていうのは常識なんじゃ・・・。
とはいっても、日本のwikiにも飲み込んだ時の毒性に神経毒性の記述があるので、
アイオワ大学がどういった状況での危険性を指しているのはまでは解りませんでした。

ただ、アロマがいいって言うんで焚いてみたら、
ペットのハムスターが急死した。
そん時に使ってたのがローズマリーだった。

なんて話もあるようなので、

ちゃんと基礎研究している人が、
神経細胞にカンファー付けたらその細胞が死ぬのは当たり前、
(うーん、その方法なら他の精油でも死ぬと思う)、
ケトンの神経毒性についてちゃんとした論文が無いっていうことは、
ケトンの神経毒性は迷信に近い的な事を言ってないで、
マウスの実験もしてくれるとわかりやすいと思うのですが…。

引き続き、ケトン類の神経毒性についての論文を探そうと思います。

« Yahoo!で3.11と検索 | トップページ | ネパール地震と人身売買 »

化学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローズマリーカンファーの神経毒性について:

« Yahoo!で3.11と検索 | トップページ | ネパール地震と人身売買 »