ニュース

ネパール地震と人身売買

ガーディアンに↓の記事が出ていました。
Nepal quake survivors face threat from human traffickers supplying sex trade

救援作業を隠れ蓑に、推定15,000人の地方の貧しい少女が、
犯罪組織による人身売買のターゲットになっているとNGOが警告しているとのこと。

以前から、このネパールの人身売買の問題には心を痛めていました。
人身売買された少女を犯罪組織から救出する手助けをする
認定NGOのラリグラス・ジャパンに寄付が渡るような商品を購入したりしていたのですが、
この震災でその被害が拡大する可能性があるようです。

今回のガーディアンの記事では、
インドに拠点を置くブローカーがお金持ちの外国人と結婚出来るなどと騙し、
女性を韓国から南アフリカという広範囲の地域の売春窟に売買している。

また、救出されても、性的被害者に厳しい土地柄なのか、
家族から縁を切られてしまうため、
NGOのシェルターのような場所に身を寄せるしかない。

地震後、地方にブローカーが入りやすくなっており、
米国務省曰く、ネパール政府が人身売買の最低基準を順守していないために、
こういった悲劇を食い止める事が難しいというような事が書かれていました。

(記事を斜め読みなので間違ってたらごめんなさい。。。)

ネパールの人身売買については
ラリグラス・ジャパンのホームページに解説があります。

おかえりなさい「はやぶさ」

7年の宇宙の旅から小惑星探査機「はやぶさ」が帰ってきました。大切に抱えたイトカワの欠片が入っているかもしれないカプセルを地球に送り、自らは大気圏に突入して燃え尽きました。

JAXAのホームページには、最後に「はやぶさ」が撮影した地球の画像が載っています。この7年の紆余曲折はYoutubeなどに動画がUPされているので、一度見ることをお薦めします。

「はやぶさ2号(仮称)」の予算は、17億円から民主党政権になって5000万円に減額され、事業仕分けで3000万円になってしまったとか・・・。しかも、仕分けの時に、民間からの出資金の分まで税金で賄っているかの様に見せた大雑把な仕分けをされて減額されたようです。効果の程が不明な数兆円の鳩山イニシアチブこそ、仕分けするべきなのではないかと思うのは、私だけでしょうか・・・。

統合医療のセミナー

ベルギーでお世話になった真木先生から講演のお知らせを頂きました。

「知っておきたい統合医療」
5月8日(土)神保町の学士会館で13:00開場とのこと。
講演される先生方の本の出版記念の講演会のようです。

とっても興味があるのですが、その日は通院日なので行けそうにありません。真木先生はステキな方なのでお近くの方はお話を聞きに行かれることをお薦めします。

詳細は真木先生の「新潟・Aroma通信NEO」を参照くださいませ。

本が出版されたら購入してみよ~っと。。。