ハーブな物語

四人の泥棒の酢

ベルギーで元施療院だった博物館を見学した時に、改めて中世にヨーロッパで猛威をふるった、黒死病(ペスト)の恐ろしさを知りました。

ペストについて展示されているスペースに、異様な風体の人形が飾られていました。重そうな真っ黒なマントに黒い帽子。鼻がビックバードのように長く垂れ下がった仮面。最初は、お祭りの時に病魔を演じる方が着るのかと思ったのですが、それが、お医者さんがペスト患者を診る時に着たもので、長く垂れ下がった鼻の部分には、薬草?のようなものを詰めていたとのことです。

Pest

こんな姿で治療をしていたのか・・・。悪魔っぽくてちょっと怖い・・・。

黒死病といえば、「四人の泥棒の酢(Vinaigre des quatre Voleurs)」を思い起こします。1630年、トゥールーズで黒死病が流行し、街が死屍累々の中、泥棒稼業を続けた四人。彼らは何故、感染しなかったのか?捕えられた彼らに無罪にするという条件で秘密を迫ったところ、ハーブを漬けたお酢を使っていたと言うのです。それからそのお酢は売りにだされたとか。

セージ、ローズマリー、ニンニク、ミント、シナモン、ナツメグ、樟脳、ヘンルーダってな文字が見えます。。。フランス語わからん・・・。Vinaigre des quatre Voleursで検索したらレシピっぽいのもひっかかりました。こっちは、ラベンダーとかタイムも入っているようです。3リットルは作れない~~~。。。いつか時間があったら作ってみたいと思います。

なんでこんな事を調べたかっていうと、口蹄疫と戦っているムッチーさんが牛さんにお酢を飲ませているとのことだったので。。。口蹄疫のウィルスは酸性とアルカリ性に弱く、お酢でも不活性化させることができるそうです。そのお酢に、さらに抗ウィルス作用のある成分が含まれている芳香植物を混ぜているのも、泥棒のお酢のポイントかもしれません。

以前、シナモン、レモンユーカリ、ペパーミント、それぞれ約2%濃度、ただの消毒用アルコールをろ紙に含ませて酵母菌を繁殖させた寒天培地に置いて抗菌力の実験(アロマトグラム)をしました。芳香物質が含まれているせいか、精油を含んだろ紙の周辺は、消毒用アルコールよりも菌が死んだ範囲が広いという結果になりました。植物の力ははやり侮れません。ただ、価格が高いので、精油をふんだんに使うというわけにいかないのですが・・・。

空気感染する見えない敵と戦うのは、いつの時代も大変なことです。一日も早く、沈静化しますように。こちらから宮崎県産品が購入できます。

香妃の故郷 東トルキスタン

18世紀、清朝の乾隆帝の時代のお話。隆盛を迎えた清王朝は、その領土を拡大し、その戦果として西域で美しいと評判の高かった、ホージャ一族の娘、メムラエゼムの献上を求めました。求めた言っても、「無理やり捉えて、恋人とも別れさせ、北京の王宮に連れてこい!」ってことです。

メムラエゼムはその美しさと、香水をつけなくても、全身から放つ「スナナツメ」の美しい香から、「香妃」と呼ばれました。乾隆帝はメロメロ。紫禁城の中にイスラムの宮室を建て、他の後宮の女性たちをそっちのけ、政治もそっちのけで香妃に入れ揚げます。ところが、ムスリムの彼女は恋人のことを想って、けっしてなびきません。

乾隆帝の側近からは傾国の美女の例えも出され、後宮の女性たちの嫉妬と清王室は大騒ぎ。見かねた皇太后が香妃に自害を勧めます・・・。

香妃の亡骸は輿に乗せられ3年かけてカシュガルへ返され、ホージャ一族の墓所に埋葬されたとのことです。このお話を神坂智子さんのシルクロードシリーズで読んで、泣いたな~。。。

「スナナツメ」は和名をヤナギバグミ、学名をElaeagunus angustifolaといいます。

乾燥にもよく耐え、耐寒性・耐暑性双方にも強く、耐塩性にも優れている落葉樹。雌雄異株。葉は和名の通り柳葉で、裏面は銀色。花は黄色で芳香を有する。実は、黄色・橙色・赤色と多様。根に根粒菌が共生するために土壌改良を目的として用いられる。また、花期が長いので、蜜源植物としても認められている。とのこと。

「スナナツメ」の香を嗅いでみたい!。。。でも、香妃の故郷、新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)は大変なことになっているじゃありませんかっ。現代の乾隆帝が、現代の香妃達を連れ去ったりしているとか・・・。

香姫の悲劇はまだ続いているようです。資生堂のsaso(砂棗)が香妃をイメージして作った香っていわれているらしいので、今度探して嗅いでみます。でも、本物を嗅ぎたい!蜂蜜も食べてみたい!。東トルキスタンの人達に、少しでも平安が訪れますように。

Nuko_hon_01_2
Nuko_hon_02





Nuko_hon_03
Nuko_hon_04
Nuko_hon_05
Nuko_hon_06
Nuko_hon_07
Nuko_hon_08

とーちゃんと田道間守と橘

うちの家業はお菓子屋さん。昨年の春、とーちゃんが「お菓子の神様のお祭りに行く!」と意気揚揚と菓祖神社へ出かけて行きました。お祭りといっても、地元の菓子組合のおじさんたちが社で柏手を打つ程度のものだったと思うのです。

帰ってきてからとーちゃんが、「タジマモリ~♪タジマモリ♪」と歌い始めました。「いったいなんなの?」と問う私に、「タジマモリの歌をしらんのか!」とご立腹。最終的に、知り合いの音大出身の方に歌を録音して貰ってCDにしたり、ノリノリでした。

で、タジマモリって誰?

田道間守(遅摩毛理・タジマモリ)っていうのは、日本書紀や古事記にも登場するお菓子の神様。垂仁天皇の命を受けて非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)を求めて常世の国(とこよのくに)をさまよった田道間守。やっと非時香菓を手に入れて戻ったものの、垂仁天皇は崩御した後だったとか。。゜゜(´□`。)°゜。嘆き悲しんだ田道間守もまた・・・。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 「非時(ときじく)」は、時を定めずという意味。垂仁天皇が求めた非時香菓は「いつでも香りを放つ木の実」で橘のことだそうです。さらに、聖武天皇の「橘は菓子の長上、人の好むところ」という言葉の「菓子」が「果物」の意味もあることから、田道間守は菓祖神として各地の菓祖神社に祭られているのです。

橘は常緑樹なので、すぐ散ってしまう桜とは対象的。平安京の内裏にある紫宸殿に植えられ、正面の階段から見て『左近の桜、右近の橘』と言います。参拝する人から見ると、左が橘で右が桜になるので、お雛様にセットする時に、どっちがどっちかわかんなくなるコトがあったのですが、お内裏様から見て左が橘、右が桜ってことなのね。。。今でも平安神宮なんかには、神殿の左右に橘と桜を見ることができます。

橘(タチバナ)の学名はCitrus tachibana。(そのまんまだ~。)葉はプチグレン、花はネロリのような香がするとか。お庭に植えてみたいな。。。タチバナ。。。でも、絶滅危惧種なんですって。。。

なんで、こんなコトを思い出したかっていうと、先週、駒ケ岳の麓に住んでいる魔女さんの所にアロマ・ベーシックの修行に行ったところ、こぼれ話のトコで「田道間守」がでてきたのです。。。「お菓子の神様なんですってよ!知ってる???」って言われて、とーちゃんのはしゃぎっぷりが蘇りました。

        かをりも高い たちばなを
        積んだお船がいま帰る
        君の仰せをかしこみて
        万里の海をまつしぐら
        いま帰る 田道間守 田道間守

        おはさぬ君のみささぎに
        泣いて帰らぬ まごころよ
        遠い国から積んで来た
        花たちばなの香とともに
        名はかをる 田道間守 田道間守

あらためて歌詞を確認すると、はしゃぐような歌じゃないかも。。。プチグレンやネロリを嗅ぐ度に、律義者で忠義者の田道間守のコトを思い出しそうです。。