ベルギー研修

博物館で夕食

農場見学が終わり、次は博物館です。駐車場で今日の案内をして下さっている方の知り合いと遭遇。なんのスポーツだろ?小さなボールを小さなグローブで打つ競技を見せてくださいました。

2009090518390000_4  

博物館は微妙に裏通りにあって、エッセンシャルオイルの採油方法を紹介している展示物、ショップもスルーして、奥のハーブ園をまった~り見学しました。

2009090519030000

エリ子先生や指田先生の解説を聞きながらまった~り。

2009090518540000_2

その後、お庭でスパークリング・ワインを頂きました。あんまり飲めないので、ちょこっとダケ。

2009090519110000_2

ムッシュHに「日本に入ってきてない精油を買う機会って今回ありますか?」って聞いたら「無いよ」って言われていたので、ショップでお買い物したらイケナイのかな?って思っていたら、OKだったみたいなので、遅れ気味にお買い物。

ボドゥー博士の本、商品規格の日本には輸入できなかったっていうジュースに入れて朝飲むドレナージュのアンプル、ホーウッドの精油を購入しました。

博物館の奥で夕食。
2009090520060000_2

2009090519540000
にんにく丸ごとの前菜。。

2009090520380000
スープ

2009090521050000
お魚のメイン

2009090521370000
デザート クローブとシナモンがきいているチーズ。。。

2009090520030000_2
明るい温室の中みたいでステキでした。

 

ホースラディッシュ畑と蒸留所見学

お祭りのパレードが通り過ぎ、再びバスが走り始めました。そして、どんどん畑の中へ。こんな狭い道を、2階建てバスで行けるの???って場所に突入して、バスは急に止まりました。
2009090516550000_2

牛がのほほんとしている農場の中をひたすら歩き、見学させて頂く農家へ。ホースラディッシュを作っていらっしゃるとのことで、ご自宅の脇にある、ホースラディッシュを洗う機械を見学。

2009090517030000_2

牛を眺めながら、畑に移動~。

2009090517060000

ホースラディッシュを少し頂きました。辛かったのですが、おいしい~~。。

2009090517140001_2

農場のお嬢さんがトコトコ一緒についてきていたので、お写真をとってもいい?ってジェスチャーで聞いて写真をぱちり。。。M先生は彼女にビスコをプレゼントしてらっしゃいました。日本のお菓子のクオリティを認めてくれるといいな~~。。

2009090517230000_2

そっから蒸留所へ。アロマテラピー用ではなくて、ソースなどに添加するための蒸留施設らしく、企業秘密があるので撮影は禁止でした。そこで、先ほど見学したホースラディッシュなどのエクストラクトの香も嗅がせていただきました。

 

この蒸留施設も、先のビール工場と同じく、ココ現役で使っているのよね???って状態でした。

村のお祭り??

講義休憩時間にムッシュHが「今日予定してあった蒸留所見学は中止になった。」とかなんとか言っていたので、今日の予定はどうなっているんだ???と思いながらお迎えに来た2階建てバスに乗りこみました。この20人ぐらいなのに何故、このバス???

しばらく走ったところ、ある交差点でお祭りに遭遇しました。中世っぽい扮装の人達のパレードです。バスの前でパフォーマンスをして下さったり。


2009090516420000_2

村中の人達がパレードに出ているのか、沿道で見学している人はほとんどいませんでした。。。ローカルなお祭りなのかな?

2009090516430000

びようえきー

3日目の講義は、ジュリアン先生(男性)の皮膚科学。とっても興味深いお話が伺えたのですが、びっくりしたのは、プラナロムの化粧品がラインで発売される。ということでした。

専用のケースが講義机の下に置いてあって、商品がずらーっと。今日から私達に「プラナロム・レディー」になって、個人宅をピンポンしろってことか???ってのは冗談として、なかなか良さそうなラインです。

20090905085600002

講師のジュリアン先生もサイコーで、動画に撮ってネットに放流したいぐらい、美容液の付け方が秀逸。。。そっとメガネを外、女性よりも色っぽい手つきで、美容液を首まで延ばす姿に、一同どよめきました。

美容液をお試しするのに、ボトルを回せばいいのに、みんながどんどん手を伸ばすものだから、先生自ら美容液を落として周るという。。。皆に平等にって思ったのかしら?

  2009090512190000_3

どうやら、講義の計画を綿密に練るタイプだったようで、マダム・コウノに「きちんと訳してるのか?思った反応をしてくれない!」と言ったりしてたみたいです。

シワもシミも無いピカピカのお肌の30代?に見えるのに、「実は私は52歳ですが・・・」って台詞には、流石に「!!!」だったのですが、その反応も彼から見ると弱かったみたいです。。。。ごめんね、日本人の反応が微妙で・・・。

また、先生はセラムって言っていたのを、マダム・コウノが「美容液」と訳していたのを聴いて、「bio なんとか」ってフランス語にあるのかな?それと勘違いしたらしく、マダム・コウノに「bio ×××って日本語にもあるのか?」と質問して、美容液=セラムのことと納得すると、「びようえきー」と連発していました。

2009090512020000_2  

昨日のクイズの答えを。。。「キムチ→ケモタイプ」、「パナホーム→プラナロム」でした。なので、「パナホーム びようえきー」って聞こえてしまって、変な感じでした。

プラナロムの美容液の日本での発売は、厚生労働省の認可待ちで、発売日・価格共に未定。バルクで輸入はされているので、20リッター単位でならお譲りします。とムッシュ・Hの談でした。

コレ、なかなか良いですよ。日光アレルギーの部分に落としてもらったのですが、アレルギーが酷くならずに、翌日もしっとりとして皮膚の状態が良い感じでした。「速攻で効果が出るもんではありません!」と講義ではおっしゃっていましたが。。。。アロマは好きだけど、自作の化粧品を作るのが面倒!とおっしゃるような方にはお薦めしたいかも。

講義が終わった後、M先生とジュリアンファンクラブ会員1号、2号を襲名しました。

キムチとパナホーム

講義を聴いている時にキニナル言葉が2つありました。

「キムチ」と「パナホーム」・・・。

頻繁に出てきて、なんだろ~~~???。。。と。
すぐにわかったのですが、なんだか想像できますか?

答えは明日。。。

ラベンサラ

翌朝、起きる時間がちょっと遅くなってしまい、研修所にそのまま出かけられる用意をして朝食へ。起きた時点で、体調が微妙なことになっている感じがひしひしと・・・。気管の辺りまでぜーぜーしていました。

やばいな~~と思いながら朝食を食べていたら、「あれ~?今から朝食?」と声をかけてくださった方が。。。小柄な体にパワフルな魂って感じで、インストラクター試験から1年でトレーナーの試験に挑んだH先生でした。。。

「はい。。。なんか喉の奥の方まで微妙な感じで、調子崩したっぽいです。。。今朝、一応ブレンドしてあるジェル塗ったんですけど。」と情けない状況をお話したら、「私、ラベンサラもってるよ。ティートゥリーも使う?」と精油の子瓶を沢山出してくださったのです。早速、ラベンサラを原液で喉の辺りまで塗らせて頂きました。

「前回大変だったから、いろいろ持ち歩いてるのよ~~。」と明るくお話してくださったので、ラベンサラと一緒に、パワーも分けて頂いたような気がしました。その後、午後にかけても悪くならないどころか、復調したのはH先生のおかげです。。。

ノリで、「おやぶん!」なんて呼んでしまったりもしたのですが、「ついてらしゃ~い!」と明るく応じて下さいました。岩盤浴の出来るお店や他にも幅広く経営されているとのこと。あのパワーは本当に見習いたいです。。。

活躍!指差会話帳

ビール工場の帰りに、エリ子先生とジャン・フランソワの奥さんの写真を撮影した流れで、レジーン先生、パスカル先生の彼女、エリ子先生が乗っていて、ジャン・フランソワの奥さんが運転する車に同乗することになった。。。

そしたら、レジーン先生から「英語で話してくれると、もう少し会話が出来るからお願いね。」と言われてしまった・・・。ぁぁぁぁ。。。昨日の夕食の時に、レジーン先生の質問に対して、会話の終わり方が微妙だったかも。。。と、ちょっと反省。でも、車内ではパスカル先生の彼女とレジーン先生はフランス語でずっと会話していたので、ちょっと割り込めなくて、そのままホテルへ・・・。

ホテルのお部屋に一旦戻ってから、今日はちゃんとコミュニケーションしなきゃ!って変な意気込みと指差し会話帳を持って食堂へ。。。そしたら、肝心のレジーン先生は「また明後日ね~~♪」と帰ってしまった・・・。ありゃ。。。

それでも、ちゃんとコミュニケーションしなきゃ!と意気込みが消えなかったので、パスカル先生の彼女と会話してみよう~~~とトライ!。指差し会話帳でコミュニケーションを計ったのです!!。

ところが、何故か指差会話帳を使ったフランス語の発音練習教室に・・・。「難しいっっ」と苦悩していたところに、講義でお隣の席のM先生がいらしたので、流れがスムーズに。M先生ありがとぉぉぉぉ。そっからは、「じゅまぺーる(私の名前は)・・・」とか、「けすかせっ(これはなんですか)?」とか。。。会話ってよりもフランス語講座に・・・。

パスカル先生の彼女のお名前はニコル(ルとラの間の発音?)さん。ちょっとラテン系な明るいステキな方です。プラナロムで働いていて、パスカル先生を「ちょっとその辺りにはいないいい男」と評していらっしゃいました。

食事になってからは、マダム・コウノが近くに座ってくださったので、細かい会話の内容はM先生とマダム・コウノから説明して頂きました。

M先生がラブラブの二人に「どちらがより愛してるの?」って質問したら、ニコルさんが何か言おうとしたのを制して「それはボクだよ」とパスカル先生。。。きゃぁぁぁぁぁ。。。。その後で、ニコルさんが「私はこのぐらいかしら?」とパスカル先生にわかんないように指でちょっと大きさを示して、冗談めかしていたのも、可愛らしかったです。M先生、ナイス質問。

会話しようと頑張ったご褒美に、ニコルさんからホテルに置いてあるキャンディーを1個頂きました。パスカル先生は微妙な顔をしてましたが、ニコルさんは「ベルギーに来たらウチに泊って頂戴!」っておっしゃってくださいました。行く、行かないは別として、ちょっと嬉しい。

指差会話帳は会話帳としての役割を果たしませんでしたが、会話するきっかけになってくれました。。。

らぶらぶカップル

2日目の研修はパスカル先生の抗菌。昨日のかわいいレジーン先生とは違って、「先生」って感じの真面目そうなな方でした。

その日の夕方は、近所のビール工場を見学におでかけ。見学した施設が、ぇぇぇぇぇ・・・使ってるの?ってぐらいホコリがすごくて、日本だったらヤバイ感じ。ウチの工場なら、「あの場所は使っていない機械の倉庫です。」って言うかも・・・。

さて、見学にはレジーン先生、パスカル先生、ジャン・フランソワ、ジャン・フランソワの奥さん、セバスチャン(日本担当の放浪していたらボドゥーさんに拾われたってヒト。名前が判明する前から、頻繁に「せばすちあ~ん」って名前が出てきてたので誰?っておもったらジャン・フランソワのお付きの青年でした。)も一緒でした。

そこで、とってもキニナル光景が。。。しっかり恋人つなぎ(指と指をしっかりにぎる)しているカップルが。。。一人はパスカル先生で、もう一人はちょっとセクシーな感じのおねーさん。。。そーいや、パスカル先生の講義の間に、ちらっとみかけたな~~~。。。と。。。

続きはまた。。。

まっくら!!

初日の研修を終えて、夕食の時に席が近かったレジーン先生の「日本人は今でもお化粧に米粉を使っているの?」という質問に、上手く答えられなくて、米ぬかのコトなんだろうか???。。。日本に帰ったら調べてみよう。。。なんて思いながらお風呂でシャンプーしていました。。。

と、突然、「ぷちん。。。」という軽い音と共に、部屋中の電気が消えました。。。
「ぇ・・・」
真っ暗です。。。

とりあえず、落ち着こう。。。お湯が出るうちにと、慌てて髪を洗って、真っ暗な中で着る物を探し、状況を確認するために廊下に出ました。廊下は電気が付いているけれど、他の部屋は電気が消えているのかな?とオロオロしていたら、別の部屋の方も出てきたので、「お部屋の電気消えてる?」と質問。。。

やはり、どのお部屋も消えているらしい。エレベーターのボタンを押しても反応が無いので館内全部かな~~~。。。などと話していると、マダム・コウノがひょっこり顔を出して、「勉強していたのに・・・。コレじゃなんにもできないわ!早く寝るのに限るわよ。」とおっしゃった。すごい、こんな時間までお勉強しているんだ~~~。

とりあえず、フロントに状況を確認しに行こうと、非常階段に出ようとしたら、登ってきたお客さんらしき人が「この辺り一帯が停電なんですって」と教えてくださった。。。それじゃあ、仕方が無いってことで部屋に戻って、携帯の光で荷物整理。大人しくベットに入りました。。。

また、その翌日?(1日置いてだったかな?)。同じような時間に停電になったのですが、もう何処に何があるか把握しているので、暗闇でもガンガン動ける自分に感動。トラブルは人を鍛えてくれます。。。

初回の停電の翌日、マダム・コウノは電気が付くかしら?と待っていらして寝不足のようでした。。。はやり、正確さが要求される逐次通訳、さらにテクニカルタームが満載ですから、常にお勉強されているんだな~と感動。化学物質名も初めて聞く物質でも、命名法から想像して見事に訳していらしたし。。。勉強する姿勢を見習わないと。。。

ランチタイム♪

研修のお昼はビュッフェ形式。ケータリングのお姉さんが3人いらしてサーブして下さいました。可愛らしい盛り付けに感動。通訳のマダム・コウノ曰く、「ベルギーでは、小さなお酒を飲むグラスを盛り付けに使うのが流行していて、私も買ったわよ。」とのこと。これなら日本でもマネできそうです。

2009090312450000

北海で採れる、クレベットっていう本当に小さなエビ(シラスに混じってるエビよりは大きいけど、本当に小さい。。。)をクレープみたいなので包んであったり、とっても可愛いランチでした。このエビ、小さいのにわざわざ殻をむくそうです。。。

2009090312540000

リンゴジュースも手造りだそうで、とっても美味しい~~~。。。作ってくださったお姉さん達の写真を撮らせてってお願いしにいったら、お2人しかいなくて。。。がっかり。。。って思っていたら、ちょうど戻ってきて三人並んでにっこりしてくださいました。

2009090313440000

この翌日のランチはいろんなチーズとパンが並んだランチでしたが、3日目もお姉さん達は土日はお休みで来なかったものの、やはり手造りリンゴジュースにお魚のお料理で美味しく頂きました。

より以前の記事一覧